古民家再生協会

  • 資料請求・お問合せ
  • 来場予約
  • 古民家再生協会
  • リノベーション
  • 瓦へのこだわり
  • 子供の笑顔を育む家~子育て世代の住環境~
  • スタッフブログ
  • 建築と仏教の旅
  • YouTube
  • 大工ネットワーク北海道

古民家再生協会

環境と人にやさしい「古民家再活用」

時を重ね、味のある住まいに

伝統的な軸組工法で建てられ、その合理性と耐久性が見直されている古民家。その家の多くは、梁は強度の高い木材、腐食しやすい部分にはケヤキやヒノキ、室内には調湿効果に優れた素材が使われ、いわゆる適材適所ともいうべき材料が採用されています。きちんとしたお手入れを行っていけば、永きに渡り住み続けられる家、それが古民家なのです。

北海道にも多くのすばらしい古民家が多く存在しています。正しく手直しすることで、さらに50~100年と住み継いでいくことができます。

北一タカハシ建設では、『伝統再築士』『古民家鑑定士』といった有資格者が環境と人にやさしい「古民家再活用」をお手伝いいたします。

伝統再築士

築50年以上を経過した、古民家を次代に残し、安全で快適な住まいに再築する建築士の資格です。

古民家等の木造軸組伝統構法の建造物の現地での模様替え並びに現地での過半の主要構造部の修繕、模様替えを行なう際に既存不適格状態のまま、木造軸組構法が持つ復元力を高める方法で独自の建物の性能を表示し情報を開示して改修に関する方向性を示し、改修を提案いたします。

古民家鑑定士

「古い民家の保存、活用、再利用を目的に、建築的見地および環境保全の見地に立ち、専門的な知識と技術を用いて、お客様に適切なアドバイス」を行なう者を古民家鑑定士といいます。古民家を適切に活用することにより、環境に配慮した『循環型社会』の定着を目指します。

「古民家を解体するか悩んでいる」、「今後も住み続けたいが、耐久性が心配…」。そんなときはぜひ古民家鑑定士にご相談ください。

「古民家鑑定」してみませんか?

古民家鑑定のメリット

建物の良い点・気をつける点について古民家鑑定士がコメントを書きます。現在のコンディションがわかり、活かしていく方法が見えてきます。さらに適切なメンテナンスを行うことで、愛着ある家に永く住むことができます。また固定資産上の価値ではなく、文化的な側面から評価を行い、建物評価額として算出します。

※古民家鑑定は「宅地建物取引業法第34条の2第2項」および不動産の鑑定評価に関する法律に基づく不動産鑑定評価ではありません

鑑定の流れ

お問合せはこちら
  1. まずはフォームまたはお電話にてお申し込みください。
  2. 鑑定の日時や待ち合わせ場所を決定します。鑑定には所有者の方か管理されている方の立ち合いが必要です。建物の所在地によっては交通費を申し受ける場合がございます。鑑定には約3時間かかります。
  3. 鑑定を行います。鑑定日当日、古民家鑑定士が「古民家鑑定事前お客様確認書」に沿って、鑑定内容の事前確認を行います。内容をご確認頂いた後、古民家鑑定士がおよそ450項目を調査していきます。
  4. 鑑定後3週間前後で古民家鑑定書をお届けします。家歴書や予防保全計画書もございますので大切に保管ください。
古民家鑑定書(イメージ)

古民家鑑定書について

古民家鑑定とは、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会が認定する古民家鑑定士が、築50年以上の古民家を独自の調査項目により目視鑑定するものです。古民家鑑定を行うと古民家鑑定書(古民家の鑑定結果を書面にしたもの)が発行されます。

費用
一物件につき10万円 (消費税別途)
コンディション 現在の古民家のコンディションが複数の観点から評価されます。これにより修繕すべき箇所や、再生・移築を行う際のポイント、解体することになった際も、古民家に使用されていた材のリサイクルが可能か等の把握が行えます。
予防保全計画 古民家を長く使って頂くために必要なメンテナンスについて記載されます。今後必要になってくるメンテナンスやコストを把握することにより、長く使っていただく上での計画に役立ちます。
家歴書 住宅履歴書とも呼ばれ、住宅の修繕履歴あるいは定期点検の結果などを記録した履歴簿のことです。修繕情報を記録することにより、将来の修繕計画の立案および工事の実行に有益な情報となる他、資産価値の維持にも繋がります。

資料請求・お問い合わせ

PAGETOP