北の宮大工の伝統と技術

  • 資料請求・お問合せ
  • 来場予約
  • 古民家再生協会
  • リノベーション
  • 瓦へのこだわり
  • 子供の笑顔を育む家~子育て世代の住環境~
  • スタッフブログ
  • 建築と仏教の旅
  • YouTube
  • 大工ネットワーク北海道

北の宮大工の伝統と技術

社寺建築で培った技と心を
次世代の宮大工へ。

神社仏閣の建築や補修に携わる宮大工。その継承者は、全国でも100人を下回るといわれています。
北一タカハシ建設は「腕のある大工を自ら育成する」ことを目標とし、棟梁を中心に若手大工の育成に取り組んできました。

現在、10人の宮大工を束ねる棟梁の木村紀昭は、 16歳でこの道に入り、宮大工歴50年の大ベテラン。豊平神社や千歳神社建立の際に棟梁を務めた第一級の職人です。宮大工を教育する上で大事なことは「木の腹と背を間違えないよう、木の扱い方の基本をしっかりと身につけさせること」。木を正しく扱い永く住める家をつくるのが、宮大工の仕事です。木の向きひとつでも間違えると、反り返ったり歪んだりと、強い家は完成しません。「自然に逆らうな、自然のままに扱え」という棟梁の指導のもと、当社の若手は、日々、真剣に家づくりと向き合っています。

基礎から瓦屋根工事まで、責任を持って自社で施工。

北一タカハシ建設の職人は、若手から熟練まですべてが専門の資格を有するスペシャリスト。先輩から後輩へ伝統建築の技術と精神を受け継ぐのはもとより、ひとり一人が宮大工としての自覚を持ち鍛錬を重ねています。

本物の家づくりにこだわる私たちの目標は、基礎から屋根まで極力工事を外注せず、一貫して自社施工による安心をお届けすること。瓦屋根ひとつとっても寒さや凍結に強い石州瓦を取り入れ、「瓦屋根工事技能士」が責任を持って施工に当たります。

社寺建築で培った弊社の伝統技術は、北一タカハシ建設の建てるオンリーワンの家に凝縮されています。
釘を打ちつけるより強い耐震性がある宮大工独特の軸組み工法や、木材を腐りにくくする工夫、伝統建物の屋根や軒の美しい曲線など、木を扱うスペシャリストの宮大工ならではの知恵と技です。

「一番大事なのは、お客様がその家に住み始めてからの満足感」というのが弊社の理念です。宮大工による和風建築の技と省エネ施工の技術、現代建築の機能性を組み合わせた住まいは、満足感と快適な暮らしを実現します。

「本物の家づくり」にこだわる社長の熱い思いは、棟梁を中心とした宮大工全員の思いとして、日々の技術に生かされています。

資料請求・お問い合わせ

PAGETOP