宮大工が創る和風住宅

北一タカハシ建設の家づくりは、宮大工の腕を活かした和風住宅、断熱気密性能を高めた省エネ住宅の他にもさまざまな特長があります。
古民家や古材の活用、室内空気環境を改善できる建材などもご提案しています。

宮大工の魅力

北一タカハシ建設は道内随一の宮大工に特化した建築集団です。伝統建築の技法と、石州瓦やケヤキ・ヒノキの大黒柱、道南杉を使った造作などを活かした風格ある神社仏閣を建てる力があり、その技術と経験を和風住宅でも発揮しています。

写真:弊社施工物件「片栗庵」

当社社長の髙橋は、旭川の建設会社勤務時代に、現場監督として道北・和寒町の「片栗庵」を建てさせていただきました。この経験がのちに北一タカハシ建設創業後の、宮大工の技術を活かした数寄屋建築による和風住宅づくりにつながっています。

和風建築の技術と省エネ施工の技術、現代建築の機能性を組み合わせれば住宅業界唯一ともいえる感動的な住まいづくりができると考え、以来北一タカハシ建設は様々な住宅を建築させていただいております。

写真:作業場で柱を削る様子

経験豊富な棟梁が丁寧に若手を教え、実践の機会を与え、しかも会社全体で建築大工技能士や瓦技能士、古民家鑑定士、2級施工管理技士、木造建築士などの資格取得を積極的に支援しています。宮大工全員が正社員なので、安心して働き家族を養える職場環境です。

写真:作業場で木材を測る様子

また、基礎・鉄筋・仮設・断熱施工など、木工事以外の実践も任せることで、多様なスキルを身につけさせ、それらの工事での質の高い自社施工を可能にしています。

写真:格天井(ごうてんじょう)

格天井(ごうてんじょう)や玄関の坪庭、土間のたたき・畳・板間など足の裏から感じる和の感触、木の風合いや造作建具の提案などは他社にはない魅力だと思います。

写真:弊社施工事例(1)

どれだけそういった要素を取り入れるかはお客様の希望次第ですし、シンプルモダン系の住宅にちょっと和の意匠を取り入れるのも魅力的な手法です。

写真:弊社施工事例(2)

和風住宅はビニール系の内装材などを基本的には使いませんので、室内が非常に落ち着き、静電気が無くクロスが汚れない、目が疲れない、化学物質のいやなにおいもしない、癒される環境になります。

写真:写真:弊社施工事例(3)

こういう良さは、むしろ、住まわれてから実感されることかもしれません。

写真:写真:弊社施工事例(4)

建具や造作なども宮大工の腕の見せ所です。

写真:写真:弊社施工事例(5)

和風住宅は街の景観を美しくしていく、オーナーと北一タカハシ建設が一緒に取り組めたらと願っています。

シンプルモダン系の住宅、小樽や函館などで見かける明治・大正時代の洋館風の住宅、現代的な和風住宅も手がけます。

瓦へのこだわり

写真:当社施工の日本家屋

匠の伝統技術で北海道の瓦屋根工事を担う

北海道の風土、移り変わる四季、そこには自然の厳しさがあります。北国だからこそ寒さに耐え、断熱に優れた住まいをつくりあげることは必要です。瓦屋根は美観を整えるだけではなく、真に丈夫で経済的な屋根を実現できます。

北一タカハシ建設では、北海道では極めて珍しい瓦職人により、宮大工としての伝統の瓦屋根工事技術で、強さと機能を取り揃えた、風格ある日本家屋をお届けします。

北海道で一番の瓦葺きの実績を誇る

北一タカハシ建設は、北海道で最も瓦葺きの実績のある会社です。平成27年度の北海道への瓦販売実績のうち、石州瓦は35,000枚ありました。その中の7割弱にあたる23,400枚が当社分です。

北一タカハシ建設には、瓦屋根工事部門があり、住宅の屋根工事全般に対応できます。雨・風・寒さ・雪に強い石州瓦の、石州瓦北海道代理店でもあります。

瓦へのこだわり

写真:石州瓦

自然素材の粘土を原料にした瓦は、窯で焼成して製品になります。日本古来からの屋根材で1,400年の実績を持った屋根材です。

古くからある屋根材ですが、進化を続けている屋根材でもあり、防水性、意匠性、耐久性といった基本性能だけでなく、地震や台風に強い固定構造や、太陽光を反射する遮熱性能など新たな魅力が加わり、古くて新しい屋根材として瓦は見直されています。

北一タカハシ建設では、島根県の石見地方で生産されている『石州瓦』を採用しています。

その特徴は焼成温度が高いため(約1200℃)強度に優れており、寒さや凍害に強く、雨や台風、地震に強いなど日本海側の豪雪地帯や北海道などの寒冷地方に適しています。

石州瓦は様々な環境に適応することで進化を続け、現在まで400余年造り続けられています。

瓦屋根がもたらすメリット

1. 耐久性

瓦は高温で焼き固めて作る焼き物ですので、高温に対しての耐久性があります。そして「焼き固める」という点で、古くから使われている土器や、壺、お皿など現存しているものがあります。それが、ある程度の形を保ったまま出土されており、経年に対しての耐久性があることを実証しています。
瓦素材特有の耐久性で塩害や凍害など日本の風土、移り変わる四季自然の厳しさから家を守ってくれます。

2. 断熱性

瓦が他の屋根材と大きく違う点は、屋根下地と瓦の間に空気層があることです。瓦屋根の工法の場合は、屋根下地と瓦の間に空気層があり、熱が屋根下地に伝わりにくい構造になっています。
北海道の厳しい冬における耐寒性能でも優れた品質を確保しており、雪国でも広く採用されています。
-20℃の凍結融解試験や曲げ破壊強度試験などでその強さは実証されています。

3. 遮音性

意外と気になるのが雨音です。屋根材の違いにより、落ちてくる雨音が違います。例えば、トタン屋根の場合は叩きつけるような音になります。
瓦は素材が粘土(土)なので、音の吸収性が非常に高いのです。現代の暮らしの中で避けて通れない騒音問題。瓦は静かでやさしい時間が流れる住まいの空間を実現します。

石州瓦の詳細はこちら